みなさま、こんにちは。オルトメディコ統計解析課です(p`・ω・´q)

今回は、データベースの負荷やリスクの軽減についてまとめてみました。
是非、ご覧ください。

以下にまとめています↓
https://www.届出.com/pdf/20210322.pdf

オルトメディコでは統計解析に関するご依頼・ご相談も承っています(*・ᴗ・*)و
info@orthomedico.jpまでお問合せください♪♪

★バックナンバー★

No. タイトル URL
第49回 区間推定の考え方 https://www.届出.com/pdf/20210315.pdf
第48回 欠損値の補完方法 https://www.届出.com/pdf/20210308.pdf
第47回 co-primary endpoint https://www.届出.com/pdf/20210301.pdf
第46回 符号検定とWilcoxonの符号付き順位検定 https://www.届出.com/pdf/20210222.pdf
第45回 臨床試験の品質管理に用いられる補助ツール https://www.届出.com/pdf/20210215.pdf
第44回 二重盲検は二重ではない https://www.届出.com/pdf/20210208.pdf
第43回 重回帰分析とその実用例 https://www.届出.com/pdf/20210201.pdf
第42回 臨床試験においてリッカート尺度をアウトカムとした場合の解析手法 https://www.届出.com/pdf/20210125.pdf
第41回 データベースの構造の種類について https://www.届出.com/pdf/20210118.pdf
第40回 回帰分析におけるモデルの適合度の評価 https://www.届出.com/pdf/20210111.pdf
第39回 新年のご挨拶
第38回 カテゴリデータの経時的変動を評価する手法 https://www.届出.com/pdf/20201221.pdf
第37回 臨床試験におけるデータマネジメントの役割について https://www.届出.com/pdf/20201214.pdf
第36回 一般化可能性 https://www.届出.com/pdf/20201207.pdf
第35回 【YOUTUBE】第1回機能性表示食品と統計 (part4) 【第35回生物統計学】 https://www.届出.com/pdf/20201130.pdf
第34回 ロジスティック回帰を主解析とした臨床試験 https://www.届出.com/pdf/20201123.pdf
第33回 データの種類について https://www.届出.com/pdf/20201116.pdf
第32回 相関分析と回帰分析 https://www.届出.com/pdf/20201109.pdf
第31回 【YOUTUBE】第1回機能性表示食品と統計 (part3) 【第31回生物統計学】 https://www.届出.com/pdf/20201102.pdf
第30回 二値アウトカムの取り扱い https://www.届出.com/pdf/20201026.pdf
第29回 データの質について https://www.届出.com/pdf/20201019.pdf
第28回 【YOUTUBE】第1回機能性表示食品と統計 (part2) https://www.届出.com/pdf/20201012.pdf
第27回 試験デザインの紹介 https://www.届出.com/pdf/20201005.pdf
第26回 差と比とパーセント https://www.届出.com/pdf/20200928.pdf
第25回 サブグループ解析と層別解析 https://www.届出.com/pdf/20200921.pdf
第24回 検定の紹介『Welchのt検定』 (part1) https://www.届出.com/pdf/20200914.pdf
第23回 【YOUTUBE】第1回機能性表示食品と統計 (part1) https://www.届出.com/pdf/20200907.pdf
第22回 検定の紹介『Studentのt検定』 https://www.届出.com/pdf/20200831.pdf
第21回 検定の紹介『カイ二乗検定』 https://www.届出.com/pdf/20200824.pdf
第20回 検定の紹介『ウィルコクソンの符号付き順位検定』 https://www.届出.com/pdf/20200817.pdf
第19回 検定の紹介『Mann-WhitneyのU検定』 https://www.届出.com/pdf/20200803.pdf
第18回 検定の紹介『対応のあるt検定』 https://www.届出.com/pdf/20200728.pdf
第17回 クロスオーバーデザインを拡張する https://www.届出.com/pdf/20200727.pdf
第16回 症例数を設計する理由 https://www.届出.com/pdf/20200713.pdf
第15回 RCTにおける例数設計のためのガイダンス https://www.届出.com/pdf/20200706-2.pdf
第14回 多重性の問題が生じる要因 https://www.届出.com/pdf/20200629.pdf
第13回 多重性とは? https://www.届出.com/pdf/20200622.pdf
第12回 統計関連のガイドライン https://www.届出.com/pdf/20200615.pdf
第11回 アンケート等の総合得点における統計的留意点の紹介 https://www.届出.com/pdf/20200608.pdf
第10回 COVID-19 のデータセットから R を用いてヒストグラムを作成する https://www.届出.com/pdf/20200601.pdf
第9回 COVID-19のデータセットを取得する https://www.届出.com/pdf/20200525.pdf
第8回 検定の紹介『Studentのt検定』? https://www.届出.com/pdf/20200521.pdf
第7回 目標症例数を設計してみる https://www.届出.com/pdf/20200518.pdf
第6回 有害事象をどのように集計するか? https://www.届出.com/pdf/20200511.pdf
第5回 臨床試験で発生するデータ欠測のメカニズム https://www.届出.com/pdf/20200427.pdf
第4回 統計学的有意性を表す指標である P 値の取扱いを考える https://www.届出.com/pdf/20200323.pdf
第3回 臨床試験データの集計・解析における盲検性維持へのリスクと対策 https://www.届出.com/pdf/20200220-2.pdf
第2回 食品の臨床試験において、真のエンドポイントを考える https://www.届出.com/pdf/20200120.pdf
第1回 プラセボ効果を抑制する研究デザイン!? https://www.届出.com/pdf/20191125.pdf